10 9月オールドドメインとは

オールドドメインとは、過去にサイトがアップされていて、現在はコンテンツが保留状態となっているドメイン(アドレス)の事を示します。国内では、「中古ドメイン」といった呼び方もします。

ドメインには、教育機関のみが利用できるカテゴリーなどの種類もありますが、「.com」などは、実質的に誰でも取得可能です。そのため、ドメイン名に使う単語が枯渇しており、自分の使いたいドメイン名が既に取得されている例もあります。

その際に、オールドドメインを購入するというケースもありますが、SEO対策のために、オールドドメインを活用する例の方が多くなっています。
具体的なSEO的活用として、該当のオールドドメインで運営されていたサイトやWebサービスに人気があり、被リンクなどが豊富にある場合。検索エンジンからの評価も高く、過去のリンク元からのアクセスも期待できるためです。

検索エンジンの評価基準となるページランクが上位にあるオールドドメインは、高額で取引されていますし、著名な名称や話題のキーワードを使ったドメインも、同じく高値で取引されることがあります。

オリンピックなどの世界的なイベントなどが開催される場合も、それに沿ったキーワードのドメイン名が出まわります。

10 9月オールドドメイン購入

従来は企業のSEO対策として語られてくることの多かったオールドドメインですが、個人のサイト運営でも、オールドドメイン購入を考えるユーザーが増えて来たようですね。

主となるサイトのアドレスとしてオールドドメインを活用するのではなく、主サイトにリンクをはって、アクセス導入を図るためのサテライトサイトのアドレスとして、オールドドメインを購入するケースも多いようです。

いくつかの業者で販売されているオールドドメインでは、Googleのページランクが6位上あるドメインなどもあるため、そういったドメイン(アドレス)を使って、リンクを貼れば、SEOとして高い効果を期待することができます。

しかし、反面としてオールドドメイン購入には、問題もあります。それはそのドメインで運営されていたサイトが優良であるか見極めるための判断が難しいこと。

検索エンジンの履歴や、逆リンクのチェックなどで調査をすることはできますが、人力でそういった作業を行っていると、結構時間がかかってしまうこともあります。また、被リンクがあると言っても、全くのカテゴリー違いでは問題もありますので、購入に際しては、業者からの情報と、自分の調査。両方を加味する必要があるでしょう。

10 9月オールドドメイン 販売

人が取得しているオールドドメインの販売を行うためには、オークションなどを活用するだけでなく、ホスティング会社でも、積極的にドメイン売買の斡旋を行っていますので、そういったサービスをチェックしてみましょう。

どのような種類(価値)のオールドドメインが、どういった価格で売買されているのか知るためには、オークションでの取引情報だけでなく、SEO関連の会社で販売されているドメインの動向を知るのが良いでしょう。

該当のオールドドメインは、被リンクが生き残っているのか? また検索エンジンからの現在の位置づけはどうなっているのか? こういった項目が、SEOに有利なオールドドメインを見つけるポイントです。

過去にそのドメインで運営されていた、コンテンツの内容如何によって、その価値が決まるオールドドメインは、事前の調査や相場チェックを怠らないことで、良い買い物をすることができます。

販売している業者は増えていますし、オークションなどでも取引が盛んですが、オールドドメインには、一定の「鮮度」があります。サイトを運営していないと、どうしても被リンクなどは外れてしますので、素早く見つけて、すぐに購入する必要があります。
オールドドメイン